二つの避難

 災害時における「避難」という言葉には二つの定義があります。
 一つ目は、発生した災害から身を守るための「避難」。これは「一時避難所」「避難場所」「避難所」が該当します。
 ただ、万能なものは殆ど無いのが実情なので、対応している災害によって行き先を使い分ける必要があります。
 二つ目は生活環境を維持するための「避難」。これは災害後、何らかの事情により自宅が使えなくなっている場合に行う避難で、対応しているのは「避難所」のみです。
 「一時避難所」や「避難場所」は災害が収まるまでの仮の避難先ですので、生活環境を維持するための避難は「避難所」に移動する必要があるのですが、大規模災害だと避難所に収容しきれないために、しばらくの間は一時避難所や避難場所、避難所の区別無く避難者が鈴なりというになってしまいます。
 それでも状況が整理されてくると避難所への移動を順次行っていき、一時避難所や避難場所は本来の業務を再開していくことになります。
 この二つの避難がごっちゃになっているので、避難者が避難所へ移動する場合にいろいろな騒動が起きることになり、避難者も行政も施設管理者も振り回されてしまいます。
 命を守るための避難と、命を繋ぐための避難。
 何も起きていない通常期にこの避難の違いを理解して、スムーズに避難ができるようにしたいものです。

災害遺構を訪ねて3・萬福寺の仏像と髑髏

 今回も万寿の大津波の災害遺構です。
 場所は雪舟庭園で有名な萬福寺さん。

駐車場はあるが、なぜか満車になっていることが多い。道が狭いので注意。

 お寺の由来によると、その前身は中須の浦にあった安福寺というお寺だったそうです。
 西暦1026年の万寿3年5月に石見地方を襲ったとされる大津波でこの安福寺は破壊され、現在の萬福寺の位置に漂着した仏像を収める小庵が作られ、その後萬福寺となったとされています。

罹災した仏像の一部。何らかの原因で腐食が進んでいる。

 現在お寺ではこれら被災した天部形立像が数体展示されていますが、腐食により「像だったことがわかるもの」となっています。
 他にもさまざまな立派な仏像が展示されている中でこれがひときわ目立つのが不思議です。
 そしてもう一つ。この万寿の大津波で亡くなった髑髏が2つ、箱に収められて展示されています。
来歴が書かれた版のみ掲示しますが「自分たちのこの姿を見せて末代までこの災いを語り継いでほしい。その功徳によって自分たちは成仏できる」というようなことを当時の和尚様に伝え、それ以来展示されているそうです。

これは髑髏の下に出されている略縁記。この看板の上に箱入りの髑髏が収められている。

 昭和51年には慶応大学の考古学の教授によりこの髑髏の調査が行われ、片方が25歳くらいの女性、もう一つが7~8歳の子どもという結果も出ているようです。
 萬福寺は他にも明治維新の火ぶたが切られた「石州口の戦い」で使われた鉄砲の弾痕が残っていたり、静かな美しさの雪舟庭園も見所の1つです。

歴史が古いため、いろいろと見応えのある展示がある。写真は弾痕と雪舟庭園。

 拝観料は大人500円。人気のないこともありますが、玄関脇の呼び鈴を押すと人が出てきて手続きをしてくれ、御朱印をもらうことも可能です。
 手近な観光として萬福寺さんをお参りしてみるのもよいかもしれません。