ごあいさつ

 石西防災研究所は中国地方の北の方、島根県の西側、石見地方の西側にある益田市というところにあります。石見は「いわみ」と読みますが、その西側なので石西(せきせい)と呼ばれています。

 この石西地域は昔から水の害によく襲われている地域です。ここ最近ではあまり発生していませんが、過去には地震や津波なども起きていて、気候的には穏やかで住みやすい地域なのですが、やはり災害への備えは必要とされる地域です。

 石西防災研究所は、そういった災害から「命を守る、命を繋ぐ」ことを目的に設立しました。
 災害なんかで死なないためには、災害に備えた事前準備が大切です。
 でも、具体的に何からすればいいのか、何をどのようにすればいいのかわからないことも多いのではないでしょうか。
 当研究所はそんな個人やご家庭、自治会や学校、施設などに対して、そこで必要とされる防災・減災対策を一緒に考え、それぞれにあったオーダーメイドの災害対策を提案したり、それに伴う小規模な講演会や研修会、施設改修支援や防災訓練支援などを行っています。
 また、災害支援ボランティアの研修会や、実際の災害発生時には被災地域の受け入れが可能な状態になってから災害支援ボランティアの派遣、現地の復旧活動の支援などもやっています。
 その他に、過去に地域に起きた災害やその遺構調査、地域の自然を知るための自然体験会、防災・減災活動に付随する有害生物対策など災害対策を基軸としたさまざまな活動をしています。

 災害はいつ起きるかわかりません。
 その時に全ての人が命を守り、復旧・復興後も命を繋ぐことができることを目指して、当研究所は活動を行っていきます。