普通のポリ袋と調理用ポリ袋の違い

袋調理の代名詞とも言えるアイラップ(出典:岩谷マテリアルのウェブサイト)

 よく災害時の調理法としてビニール袋を使った調理法が紹介されています。
 実際にはビニールでは無くてポリエチレンが素材になっているのですが、このビニール袋クッキングでは少しだけ注意が必要なことがあります。
 具材を入れて揉んだり保存に使ったりするぶんにはどんなポリ袋でもいいのですが、加熱調理に使うときには必ず調理用ポリ袋を使うようにしてください。
 普通のポリ袋は低密度ポリエチレン袋といい、袋は70度から90度くらいまでしか耐えられません。沸騰しているお湯につけると溶けたり破れたりすることがあるので、せっかくの料理が全部台無しになってしまいます。

上限の温度記載がないものは、基本的に低密度ポリエチレン袋と考えてよい。

 加熱調理に使えるのは、高密度ポリエチレン袋です。この袋は耐熱性があるため、沸騰しているお湯の中につけても破れる心配がありません。
 ほんのちょっとした違いなのですが、非常用持ち出し袋に備えるときには耐熱温度をしっかりと確認しておきましょう。
 ちなみに、ポリ袋は耐油性はそこまでではありません。
 もしカレーなど油分の高いものを作ろうとしたら低密度、高密度問わずにポリ袋が溶けるかもしれませんのでご注意を。

蓄光シールを上手に使おう

 夜、なんらかの事情で突然停電すると、途端にあたりは真っ暗になってしまいます。
 真っ暗なままだと不安になりますから、灯りを準備しなくてはいけないわけですが、さて、あなたが準備してあるはずの懐中電灯はどこにおいてありますか。携帯電話はどこですか。そして、もし逃げなければいけないとき、避難路がちゃんとわかりますか。
 そういったときに備えて、必要なアイテムや避難経路には蓄光シールを貼っておくことをお勧めします。
 決して強い光ではありませんし、電気が消えてから長時間立つと蓄光している光も薄れていきますが、停電直後の真っ暗で一番混乱しているときに蓄光シールが貼ってあれば、とりあえず懐中電灯や携帯電話を見つけることができますし、避難しなくてはいけなくなったときの避難経路、特に階段の段に蓄光シールが貼ってあると、階段を踏み外して落ちる可能性はぐっと減ります。
 よいものはそれなりにお値段がしますが、ちょっとしたものなら100円均一ショップでも扱いがあります。
 ちょっとした知恵ですが、身を守るのには役立つと思いますので、必要なアイテムに蓄光シールを貼るのを試して見て下さい。
 ちなみに、蓄光シールを貼ったからといって押し入れの奥深くに閉まっていては、光を貯められませんので、なんの役にも立ちませんからご注意を。

スーパー夜光ドーム 各種 蓄光シール メール便可

価格:105円
(2021/11/22 23:17時点)
感想(4件)

子どもの世話ができますか

スプーンで飲んだり食べたりできるかどうか知っているだけでも大事

 あなたがもし親で、小さな子どもが居るとしたらと考えてください。
 あなたはその小さな子どもをどのようにお世話すると思いますか。あなた自身が全てのことを任せきりにされるでしょうか。それとも、誰かに任せきりにしてしまうでしょうか。あるいは、周囲の助けを借りながら自分でも頑張ってみるでしょうか。
 実は、その子のお世話を普段しているかしていないかで、災害後にどれくらい家族の生活が安定するかが決まります。
 というのも、普段は仕事や用事で子どもを誰かに任せることができていたとしても、災害時にはあなたが子どもの面倒をある程度の間みなくてはいけないことになるのです。
 そのときにあなたが一人ででも子どものお世話がきちんとできないと周囲や家族の間でさまざまなストレスが溜まってうまく行かなくなるのです。
 災害時には、さまざまな普段の状況が先鋭化して浮き彫りになります。
 いいことも悪いことも、災害という事実が隠れていたさまざまなことをさらけ出してしまうのです。
 子育てでも同様で、さまざまな事情で誰かに子育てを押しつけていたら、災害時にはそのしっぺ返しを受けてしまうことになります。
 生活リズムや、食事、排泄、そして表情の読み取りまで、普段見ていないものは非常時にも見ることはできません。
 最低限、育児の一通りはできるようにしておきましょう。
 そして、もしも周囲に任せきりの人がいるようであれば、30分でも1時間でもいいので、その人に子どもを預けて面倒を見させてください。
 実際に動かないと、口でどのように言っていても行動はできません。
 自分でやってみること、その人に任せてやらせること。
 どんなことでもそうなのですが、特に育児では普段からしっかりと関わっておきたいですね。

大雪と昆虫

 そろそろあちこちで雪の声を聞くようになってきましたが、今年はラニーニャ現象が発生しているそうで、大雪になるかもしれないという話が雑誌などにちらほらと出ています。
 気象庁の「ラニーニャ現象発生時の日本の天気の特徴」の中では冬の気温と降水量に有意な差はないそうで、そこまで神経質になる必要もないのかなと考えています。
 ところで、大雪を予測するのに民間伝承では結構虫が登場します。
 例えば、「カメムシが家の中にたくさん入ってくるときには厳冬」「カマキリの卵が高い位置にあると大雪」「蛾が大量発生するときは大雪」「クマケムシの背中の縦線が太いほど寒冬」など、その地域によっていろんな伝承があるようです。
 あなたのお住まいの地域にはどのような伝承が伝わっているか、内容を確認して天気を予測してみるのも面白いかもしれません。
 ちなみに、今年当研究所のあるところでは屋内ではほとんどカメムシを見かけません。それから考えると、極端な寒い冬にはならない気がするのですが、果たしてこの伝承が当たるのかどうかは、来年春のお楽しみです。

ラニーニャ現象発生時の日本の天候の特徴(気象庁のウェブサイトへ移動します)

コンタクトレンズと眼鏡

 目の悪い人にとって、コンタクトレンズや眼鏡などの視力矯正具は身体の一部になっていると思います。
 目が見えないというのは不安ですし、危険です。その上、見えないことがストレスになることもありますので、どんな状況であれ視力矯正具を複数確保しておくことは大切なことだと思います。
 ただ、気をつけておいて欲しいのが、コンタクトレンズの場合。
 災害時や災害後は、平常時に比べると衛生環境が悪化することが多いです。
 流水で手を洗ったりすることができない場合、コンタクトレンズの脱着時に目に汚れが付着して目に傷をつけたり目の病気になったりすることも起こりえますので、コンタクトレンズ派の人も、普段持ち歩くカバンや非常用持ち出し袋には眼鏡を用意しておくことをお勧めします。
 ちなみに、さまざまな理由でコンタクトレンズも眼鏡もなしになってしまった場合には、紙に小さな穴をあけてその穴を通して周りを見ると、ちょっとだけですが視力が良くなります。
 よく知られていることではあるのですが、こういったときに使えるというのは意外と知られていないので、念のため覚えておくといいと思います。

充電池と乾電池

 乾電池には大きく分けると一度しか使えない一次電池と、何度も充電して使える二次電池とに分かれます。
 一般的には一次電池を「乾電池」、二次電池を「充電池」と呼ぶことが多いようですが、繰り返して使える二次電池は環境負荷が少なくお財布にもやさしいということもあって、割といろいろなところで目にすることがあります。
 ただ、同じサイズのこの二種類の電池ですが、異なる部分もあるので取り扱い時には気をつけておく必要があります。

下が乾電池、上が充電池。どちらもパナソニック製だが、出力が異なっている。

 一番大きいのは出力の違い。一次電池では「1.5V」が殆どだと思いますが、二次電池では「1.2V」になっています。そのため、電池に出力を求めるような場合には、二次電池では力不足と言うことになりますので注意が必要です。
また、二次電池でもアンペアアワーが異なるものがあり、機械によっては動かなくなる場合もありますので注意してください。
余談になりますが、当研究所が使っているフィールドカメラで充電池の種類によっては動かなくなるものがあり、それに気づかなかったことから、現場に充電池を持参しているのに乾電池を買う羽目になったことがありました。
充電池をその機械で初めて使う場合には、あらかじめ動作確認しておく必要があるなと反省したのですが、その点乾電池はどれを使っても安定して機械が動いてくれます。
また、乾電池ではそのまま10年保存できるようなものもありますが、充電池では満タンにしたままだと劣化が早まってしまいます。
さらには回線がショートしたとき、乾電池はあまり影響を受けませんが、充電池では発熱して膨らんだり発火したりすることがあります。
環境の温度変化に強くショートにも強い乾電池。何度も使えて環境負荷の少ない充電池。
状況に応じて使い分けていきたいですね。

【活動報告】高津小学校防災クラブを開催しました

 去る11月17日、益田市立高津小学校で第6回目となる高津小学校防災クラブを開催しました。
 今回は防災オリエンテーリングと題して、校内のさまざまな安全設備や場所、そして道具などについてチェックポイントにある問題を解きながら回ってもらいました。
 これは参加してくれている子どもからリクエストがあったもので、地図を片手にそれぞれが校内に散って、いろいろな場所に貼ってあるチェックポイントの問題を探して回答を考えていました。

保健室にあるAEDを確認。ここにあるのを知らなかった子もいた。

 AEDや消火器のある場所、図書館での安全な場所の見つけ方、避難場所になる災害が何かなど、結構考えるような問題も多く、30分くらいを想定していたのですが、「おさない・走らない・しゃべらない」の「おはし」を守りながら、一番早い子は10分、もっとも時間のかかった子でも15分程度で全部のチェックポイントを回って戻ってきたのには驚きました。
 最後に答え合わせをしていったのですが、思ったよりも子ども達がいろいろなことを知っていて、彼らがいろいろと教えてくれ、また想定していなかったものが出てきたりと、こちらも驚いたりすることのできた回となりました。
 校内を走り回ることや各部屋の立ち入りについて、いろいろと調整してくださった担当の先生、それをこころよく承諾してくださいました管理職の皆様、そして楽しんでくれた子ども達に感謝します。

AEDにご注意ください

 いざというときに備えて設置されている「AED」。
 正式名称は「自動体外式除細動器」といって、心蔵がけいれんを起こしているような状態を正常化し、心蔵の正常な活動を再開させるために使う道具です。
 これは年齢を問わずに発症しますが、早期に除細動すればほとんど助かるため、誰にでも簡単に使えて除細動できるAEDが普及しています。
 さて、AED用のパッド、あるいは設定モードには「小児用」と「大人用」があるのですが、「小児用」と聞いて、あなたはどんな年齢の人まで使えると思いますか。
 医療関係では「小児」というと15歳未満を指すことが多いのですが、このAEDパッドの「小児用」は「未就学児」を指していて、これが緊急の時に判断を迷わす要因になっているようです。
 小児用パッドは大人用よりもパッドの大きさを小さくし、パワーを1/3にしています。未就学児に設定をあわせていることから、6歳から14歳までの子どもには「小児用」ではパワーが不足していて充分な除細動ができないのです。
 日本赤十字社や消防署などがやっているAEDの訓練では、パッドが大人用しか無い場合には未就学児にも大人用パッドを使っても問題ないとされていますので、判断に迷ったら大人用パッドを使うようにしてください。
 また、パッドが同じで本体の設定で小児用と大人用に切り替えるAEDもありますが、こちらも小児用は未就学児です。
 学校に行くようになったらAEDは「大人用」を使うこと。
 新しいAEDでは「未就学児」と「小学生~大人用」という書き方に変わってきているようですが、殆どのAEDでは「小児用」「大人用」という表示です。
 迷ったときは「大人用」。忘れないようにしてくださいね。

便利になると不便になる

 世の中はどんどん便利になっているのですが、その便利さはさまざまな技術によって維持されています。
 特に電気やガス、水道、通信といったライフラインは安全で確実に提供されていて、できるだけ危険が起きないように設計されています。
 ただ、災害が発生すると、普段は「安全で確実」に守られているため、自分ではライフラインの確保ができずに途方に暮れてしまうことになってしまいます。
 例えば、災害が起きて火を焚こうとしたとき、あなたはどうやって火をつけますか。
 普段なら、ガスコンロのスイッチを入れれば火は簡単につきますが、災害時にガスが使えなければ、たき火を作らないといけません。
 阪神淡路大震災や東日本大震災では、あちこちに喫煙者がいてマッチやライターもたくさんありましたが、最近の嫌煙の流れを考えると、今は事前準備しておかないと簡単に火をつけられないと思います。
 非常用持ち出し袋に、通常の保管でも劣化のしにくいファイヤスターターや火打ち石などを準備している方もいると思いますが、それを上手に使うことができますか。
 それらの道具があっても、実際に作ったことがないと災害時に作ることはかなり難しいと思います。
 缶詰はどうでしょうか。最近はほとんど缶切り不要のものになっているのですが、大規模災害で海外から届く缶詰では、缶切りが必要なものがまだまだ主流です。
 では、あなたは缶切りを使うことができますか。
 こんな風に、世の中が便利になるのはありがたいことなのですが、非常時にはそれが自分の生活の質を落とすことになるかもしれません。
 いざというときに備えて、いろいろな道具は使えるようになっておきたいですね。

絆創膏で滑り止め

使うのは絆創膏。かかと側にも貼ると効果的とのこと。

タイル張りの床や濡れている路面などでは、滑って転んでしまうことがあります。
以前「雪道の歩き方」の中で「滑り止めに包帯を使う」というのを書いたことがありますが、絆創膏も使えるのだとか。
また、靴底がビブラムソールなど凹凸の大きなものは絆創膏は剥げてしまうので使えませんが、パンプスや紳士靴など靴底が平たいものには有効なようです。
ポイントは絆創膏を貼る部分の靴底の泥や水滴をしっかりと取って絆創膏がしっかりと貼り付くようにすること。
泥や水滴があると、絆創膏の接着力がなくなってあっという間に剥がれてしまうので、これだけはしっかりとやるようにしてください。
つま先やかかと付近に1枚貼ることで滑りにくくなるそうですので、雨の日や凍った路面を歩くとき、滑るようなら試してみてはいかがでしょうか。